フォーラム・セミナー

スタディオン「Living Kitchen 2019から見える次のキッチン in OSAKA」

DATE
2019年3月5日(火)
※終了いたしました。
15:00~17:00(懇親会17:00~18:00)
ケルン

【IHPC出展企業のスタディオン株式会社様主催セミナーのご案内です】

「Living Kitchen 」は毎年1月にドイツ第4の都市ケルンで開催される『imm / ケルン国際家具見本市』の中に奇数年のみ併設される展示会。
imm / ケルン国際家具見本市は世界最大規模の家具見本市として、4月に開催されるミラノサローネと双璧をなす重要な家具見本市で、約1,200のメーカーが出展し、世界100カ国から15万人以上の人が訪れる。
和田氏は「Euro Cucinaは発表の場、Living Kitchenは商談の場」と位置づけており、実際に販売されるキッチンがケルンで見られる。
2018年のEuro Cucinaは、解釈が難しかったが、それを各キッチンメーカーがどう解釈したのか・・・。

インテリアデザイナー/キッチンデザイナー・和田 浩一 氏(STUDIO KAZ)の視点から見たLiving Kitchenを通したキッチンのトレンドをレポートします。
加えて最近のSTUDIO KAZの仕事も見せてくれることでしょう。

和田氏

セミナーのチラシはこちら

講 師: 和田 浩一 氏(株式会社STUDIO KAZ 代表取締役)

965年福岡県生まれ 九州芸術工科大学芸術工学部工業設計学科卒業後、トステム株式会社(現LIXIL)入社。インテリア事業部、デザイン統括室を経て、1994年独立。800件以上のオーダーキッチン、オーダー家具、住空間、商空間など幅広く手掛ける。
最近ではAEONのオリジナルキッチン「RaeLiS」など、既製品キッチンのデザインや企業のデザインコンサルティングにも関わる。デザイン系・建築系の専門学校での講師や全国の工務店にキッチンを指導する「キッチンアカデミー」を主催するなど、オーダーキッチンの世界を広めるための活動にも力を入れている。
グッドデザイン賞をはじめ受賞歴多数、著書も多く出版、そのうち数冊は中国語に翻訳され、出版されている。
会 場: ATCビルITM棟9階 ATC輸入住宅促進センター(IHPC)セミナールーム
参加費: 3,000円(受付でお支払い下さい)
※セミナー修了後に懇親会をご用意しておりますので是非ご参加ください。
定 員: 50名
対 象: ビルダー、工務店、設計者、インテリアコーディネーター、キッチン好きな一般の方々
主 催: スタディオン株式会社
https://stadion.co.jp/